E.L.F!?$\~JunKtion

. 委託販売

まりさモン (\100)

まりさモン (\100)

全年齢対象 B5・12P

. 委託販売

スイフたん。(無料!)

スイフたん。(無料!)

全年齢対象 B5・42P


自転車サイト:う゛ぇろ☆いじり

<PREV>  <RANDOM>  <NEXT>

2007年11月 1日

らくがき PC-8801 Mk.II-MR で遊んでいたあの頃……

どうも、初音かがみんがにゅーあきばどっとこむ様にて取り上げられたみたいで、カウンターが壮絶な勢いで回っております。
まことにありがとうございます。

20071101.jpg

さて閑話休題。

先日、プロジェクトEGGの会員になりました。
で、ぽっぷるメイルを購入し、帰宅後寝る前とかにマターリと遊んでおります。
発売当時欲しかったけど結局手に入れずそのままだった作品なので、その面白さも一塩。

当然PC-88版。

いやー、なにが凄いって、そのレスポンスの素晴らしさ>日本ファルコム作品

一緒に、トップルジップも買ったんだけど、「こんなにレスポンス悪かったっけ?」と、比べてみて驚いてしまった。
こっちはガキの時分遊んだ事があり、当然PC-88版なんだが、キー入力と操作のタイミングが全然掴めず一面もクリアできない。
昔は気にもせんと遊んでたんだろうけどなァ(´・ω・`)

……ま、大半の人がPC-88ってなんや? とか思うでしょうから簡単な補足をば。
これは20年程前にNECが出していたPCの名前で、正式にはPC-8801といいます。
父親がゲーム機を一切買ってくれなかった為、仕事の関係で購入したPCであるPC-8801 Mk.II-MRをゲーム機代わりにしておったんですね。
姉と合わせて誕生日に1本ずつ、年に計2本のゲームを買ってもらって、それをひたすら1年も2年も遊び倒してました。
そんなこんなでクラスの連中と話は噛み合わず色々と歯痒い想いもしましたが、今ゲーム業界に身を置いている事を考えると、基盤はその頃に出来上がってたんだと思います。
例えばロードランナーのオリジナルマップを300面(FD2枚分)作ったりとか。
小学5年生でソーサリアンをクリアしたりとか。
そうこうしているうちにPC-8801は姿を消し、PC-9801に取って代わられてしまいました。
結果としてPC-8801用のゲームが店頭からほとんど姿を消してしまい、ぽっぷるメイルもまた触れることなく終わってしまいました。
後々父の友人からお古のPC-88をゲーム付きで貰い受けた為、遊んだ事のなかった作品を一足遅れで遊ぶことで気を紛らわせてたものですが、それでもぽっぷるメイルに触れる機会はありませんでした。
それが今になって遊べているのだから、なんだか不思議な気分です。


それにしても……。
このホームページは元来、えるふみみを根幹テーマに据えて創作を展開するサイトだったわけで。
……なんか、物凄く久々にネイティブなえるふみみキャラを描いたような気がする。
というか、純粋なエルフキャラ自体がサブカルチャーから消えうせている感が否めないんだよねェ。
もっとも、それ以前に。
純粋に、ティーン向けの冒険活劇ってやつが、枯渇している。
このぽっぷるメイルもそうだが、ガキの頃大好きだったワタルや、他にもスレイヤーズ!とかリューナイトとか、ポップな世界観のファンタジー作品が十何年前にはたくさんあったんだけどネェ。
すてプリオーフェンを境に、その手の作品が忽然と姿を消してしまった気がする……。

純粋に冒険を楽しめる王道作品が恋しい今日この頃です。

コメント

KAZUBOH : 2007年11月 5日 13:54

>PC-88とかぽっぷるメイルとか…
>懐かしさ全開の話に浸らせてもらいましたw
>自分もPC-98の白き魔女からそっち方面に転んだクチなので…
あの当時のなんていうんでしょう、独特のポップさは今のファンタジー作品には無い要素ですからね。
時々素直に恋しくなります。
まぁ最近は「鋼の錬金術師」付近からダークファンタジーのほうに人気が行っちゃってますから、対極にある手前廃れたのは必然だったのかもしれません。
漫画「ベルセルク」が90年代後半に入って初めて大っぴらに評価され始めた点を鑑みても、そこら辺の土壌が汲み取れます。
いや、どっちも大好きですけどねw

>あの頃は良いタイトル多かったですよねぇ…ファーランドシリーズも好きでしたが。
>そういう純ファンタジーテイストのものを久しぶりにやってみたり、描いてみたくなるのもありますね~…
ファーランドシリーズも一度通してやってみたかったんですが、結局触れることなく今日に至っています。
同じTGLの作品で触れたことがあるのは第一作である「ソードダンサー」だけですね。
今のテイルズにも通じる格ゲー風の戦闘システムが結構好きでした。

そんなこんなで現在、ぽっぷるメイルとXTAL-SOFTの「クリムゾン」で遊んでいるわけですがww
ぽっぷるメイルはまだしも「クリムゾン」までご存知の方は相当なマニアでしょうなあ(爆

葵葉鷹斗 : 2007年11月 5日 11:08

PC-88とかぽっぷるメイルとか…
懐かしさ全開の話に浸らせてもらいましたw
自分もPC-98の白き魔女からそっち方面に転んだクチなので…
あの頃は良いタイトル多かったですよねぇ…ファーランドシリーズも好きでしたが。
そういう純ファンタジーテイストのものを久しぶりにやってみたり、描いてみたくなるのもありますね~…

KAZUBOH : 2007年11月 4日 21:43

>>純粋なエルフキャラ自体がサブカルチャーから消えうせている感
>「サブカルチャー」の定義に当初含まれていたが、その後の言葉狩りの結果、再定義されて消失してしまったものではないかとおいらは考えます。
言葉狩りとかそんなんじゃなく、単なる流行り廃りだと思うけどねw
一度「古臭い」と言われてしまったら、必然的に姿を消してしまう。
音楽や映画でも同じ事が言えるからね、まぁ80年代から90年代前半にかけてのオタク文化を象徴する記号とも言えるでしょう>エルフキャラ

ホンコン(HK) : 2007年11月 4日 20:58

>純粋なエルフキャラ自体がサブカルチャーから消えうせている感

「サブカルチャー」の定義に当初含まれていたが、
その後の言葉狩りの結果、再定義されて消失してしまったものでは
ないかとおいらは考えます。

サブカルチャーも栄枯盛衰するんだよ、きっと。

投稿フォーム




   Cookieに保存しますか? :