E.L.F!?$\~JunKtion

. 委託販売

まりさモン (\100)

まりさモン (\100)

全年齢対象 B5・12P

. 委託販売

スイフたん。(無料!)

スイフたん。(無料!)

全年齢対象 B5・42P


自転車サイト:う゛ぇろ☆いじり

<PREV>  <RANDOM>  <NEXT>

2009年4月11日

雑記 井上雄彦 最後のマンガ展 重版<熊本版>

長文で失礼します。

20090411-1.jpg

ついに行ってきました(・∀・)

地元熊本で開催されるの決定が下されてから、ひたすら期待しまくっていた井上雄彦大先生のマンガ展でございます。開場と同時に並んだつもりでしたが、当日券を買ったときには既に遅く、11:00からの組に割り当てられました。実質40分待つこととなったわけですが、出向先の方からお借りした涼宮ハルヒの退屈を立ち読みしながら待ったので何の苦もありませんでした。
そして、11時きっかりでいざ入場。

あっという間の45分でした……。

大体こういう展示会とかは、静かに見るものであるという前提があったとしても何かしら「ヒソヒソ」と声が方々から聞こえてくるもなのですが、今回の展示会で一番不思議に感じた事は、入場から5分以内でそれが一切なくなってしまったことに尽きます。小学校低学年のお子様連れも結構いらっしゃいましたが、子供たちにも強烈なインパクトを与えたと見え、皆素直にその世界に入り浸っていたようです。単に、自分自身が入り込みすぎていただけなのかもしれません。しかし、それでなくても静か過ぎる、というのがあの会場の最初の印象でした。

実際、凄いです。

何を書くにしてもネタバレになってしまいますので細かくは書けないんですけど、これはバガボンド本編、ともすれば武蔵自体を知らない人が観たとしても、何かしら得るものがある展示会だ、と断言できます。ていうか、あの空間でしか味わえない感覚だけに、うまく言葉にできません。興味をお持ちの方には是非とも足を運んでいただきたい、素直にそう感じる事が出来る展示会でした。

20090411-2.jpg20090411-3.jpg

その感動を引っさげたまま、上乃裏通の蕎麦屋で昼食を摂りました。
今日は古式出雲蕎麦 いま村です(・∀・)
いままでに触れてきたのは、田舎蕎麦、更科蕎麦の二種類が中心で、聞きなれない蕎麦だけにどんなものだろうと興味津々で席に着きました。さすがに今日は暖かかったので冷たい山かけ蕎麦を注文しましたが、これがまた美味い。平べったい麺が新鮮ですし、香りがまたいい。これは新蕎麦の時期に食べたらたまらんでしょうなw
やや、美味しゅうございました(・∀・)

その後、改めて上乃裏を散策しましたが、他に見つけたのは森山くらいで、大体食べつくしてしまったようです。今度上乃裏で紹介させていただく事があるとすれば次が森山になると思いますw
上乃裏には他にも名店があるぜー、とご存知の方は是非とも情報提供のほど、よろしくお願いいたします(・∀・)
既に食べたのは「ひさや(田舎蕎麦)」「冬花山房(更科蕎麦)」「堅平更科(更科蕎麦)」「いま村(出雲蕎麦)」の4店です、参考までにw

さて、話はまた武蔵に戻ります。
蕎麦を食べ、伸びきっていた髪を行きつけの美容室でカットしてもらった後に、勢いあまって霊巌洞に行ってきました(・∀・)
今回のマンガ展、そして何より年末年始に読破したそれからの武蔵(小山勝清著)の影響もありまして、ふらっと自然に足が向いたという次第です。

20090411-4.jpg20090411-5.jpg20090411-6.jpg20090411-7.jpg20090411-8.jpg20090411-9.jpg

霊巌洞は武蔵が晩年、五輪書をしたためた、地元でも有数の霊場です。熊本を終の棲家と定めた武蔵が、その集大成としてこの場所を選んだのには何かしら感慨深いものがあります。
ちなみに左から順に写真の紹介をしてみます。

1.霊巌洞がある雲巌禅寺の、もう一つの象徴である五百羅漢です。200年ほど前に承認によって奉納されたもので、現在はその半分が残っているそうです。小さいときに、死んだ祖父母と一緒に行った時の記憶が、まさにこの五百羅漢の絵で、その光景たるやこの写真の構図そのまんまででした。記憶って凄いですね(・∀・)
2.霊巌洞の中です。左下の岩に座して、武蔵のみならず、数多の先人達がさまざまな思いをめぐらせていたことと想像できます。
3.沢村大学の逆修文。逆修文というものがどういうものかすら分かりませんが、晩年の武蔵を世話した人の信仰がそこに垣間見えます。
4.霊巌洞の中にも岩棚があり、その中にぽつねんと羅漢さんがいらっしゃいました。そこから世間を見下ろしてるその姿が妙に印象に残りました。
5.霊巌洞を階段下から見上げた図です。以下ネタバレマンガ展の冒頭に出てくるシーンと見事にダブってしまい、非常に感慨深いものがありました。マンガ展でも一番こころに来たのが、主人公の風木が霊巌洞の階段越しに武蔵を見上げるシーンで、まさにその1枚が目の前で再現されたようで……。
6.鹿子木寂心の逆修文。これまた自分にとって印象深い先人の名前が出てきてびっくりしました。以前ご紹介させていただきました寂心さんの大楠の主人公ご本人の逆修文がここにある、というのがまた印象的でした。

そんなこんなで、何気に色々と感動が続いた1日でした。1日通して暖かかった、マンガ展がすばらしかった、蕎麦が美味かった、頭が軽くなった、霊巌洞で感慨深いものを味わった、ハルヒが面白かったでいう事なしですw

ちなみに。

20090411-10.jpg

明日のイベントこれ着ていきますのでどうぞよろしく(・∀・)

コメント

投稿フォーム




   Cookieに保存しますか? :