2018年5月27日に開催された、第7回五家荘集合サイクリングに参加してきました。

朝5時頃に自宅を出発し、とりあえずは目的地に向かう上でのウォーミングアップを兼ねて
霊台橋まで移動することにしました。
霊台橋のある国道218号線を東に進み、その手前に位置する佐俣の湯の駐車場にて一旦休憩をはさみます。

目的である五家荘に向かうには、いくつかある激坂の一つを登る必要があります。
熊本市内方面から坂道を攻める人は大体この佐俣の湯をベースキャンプとして使う傾向にあるようです。
今回もしゃりんかんの方たちが、駐車場で準備されていました。
軽く挨拶を交わした後、敷地内にある銅像の前に自転車を止めてトイレ休憩。

なお、銅像の人物は西金吾といいまして、この地に存在した堅志田城というお城の城主を務めた人物だそうです。
熊本県といえば加藤清正、細川忠興、宮本武蔵、小西行長、丸目蔵人……
といった感じで江戸時代以前の著名な偉人目白押しですが、
いざ郊外に出てみると知らない人もまた結構居たりするから面白いものです。

佐俣の湯を後にして、矢部方面に少し進んだところにある霊台橋に到着。
ココをスタート地点として、目的地である五家荘自然塾を目指します。

霊台橋も自転車で足を運ぶのは3回目か?4回目?
気がつけば結構な頻度で足を運ぶようになりました(;^ω^)

とりあえず、橋の反対側からも撮影してみました。

霊台橋で折り返してもと来た道を少し戻りますと、国道445号線の入り口が左手に見えてきます。
ここからが今回のメイン、二本杉峠になります。

この入り口から峠のてっぺんまで、おおよそ15km平均勾配7%以上最大勾配15%以上
一般的に、熊本で最も過酷な激坂だと言われております(;^ω^)

ぱっと見入り口は綺麗に整備されてますし、割となだらかな道が延々と続くので
「あれ?こんなもんか」と気楽に登り始めました。
厳密には入り口のところで若干下り坂になり、そこからじわじわと登りが入るといった様相。

と、そこで今回のイベントのスタッフと思しき人が車で通りかかり、挨拶をしてくださいまして……。
その顔が明らかに引きつっていたんですが、その理由もその時は理解できませんでした。

この序盤のヘアピンカーブと出会うまでは!(;^ω^)

なだらかな道が終わりを告げた途端に、勾配15%前後の坂がいきなり登場ですよ……初見殺しにもほどがありますw
引きつった笑顔の「がんばって」はこれを示していたんですね(;^ω^)

さすがに登り切れず、いったん休憩をば。
ここを登り切ってしまえばあとは5~10%の勾配が繰り返される、概ね一般的な峠道が続きます。

一方でサドいのがこの看板(;^ω^)

最初の激坂区間あたりから、残り10km分、1㎞ごとに立ってるんです。
10%以上の激坂区間の応酬に加え、定期的に「まだあんのけぇ!?」と精神攻撃を仕掛けてきやがりますw

ということで、大体この看板を目安に、2kmに1度のペースで小休止をはさみながら、何とか峠のてっぺん目指して駆け上がっていきました。

無理をしなかったお陰で、比較的楽に登れたのも事実。
何より、早朝である、木陰は多い、沢も多い、湧き水もある、というベストコンディションが功を奏したようで……。
野犬に追っかけられた地蔵峠鞍岳の山頂界隈と比較しても、何かこっちのほうが楽なのでは……という気さえしてきますw

道中、同じ目的をもって坂を登ってらっしゃったご夫婦と休憩ついでの談笑をはさみ、先を行かせていただいた上でえっちらおっちらと登って……。
大体休憩を含めて2時間足らずでしょうか。

二本杉展望所に到着(^ω^)
Stravaの記録を見る限りでは、1時間37分33秒。移動タイム1時間24分43秒と、鈍足にしてはまずまずの成績をあげることが出来たようです。
今までいろんな峠に行きましたが、ここまで気持ちが楽なまま登り詰めたのは初めてかもしれませんw

熊本市方面が遠くまで見渡せました。
いつも登っている金峰山がずいぶんと遠くに見えています。

展望所の駐車場でストレッチ運動の後、さらに先に移動すれば、峠の終点となる三差路に到着します。

はす向かいには、お土産屋さん兼食事処である東山本店というお店がありますが、着いた時点でまだ午前9時台と来ています。
お店が開いてるはずもない……と素通りしたんですが、調べてみると実は朝8時半から開いてるんですねココ(;^ω^)
記事を書きながら「お土産ぐらい見とけばよかったー」と少し後悔w

食事処としても、今見ると魅力的ですね。
……今度子供を連れて、家族でドライブがてら遊びにこようかな、とすら思いました(^ω^)

さて、目的地はさらにその奥、大金峰と呼ばれる山の西側の峠道を南に下ったところにございました。
到着した時点で、午前9時半。
受付開始が正午なので、2時間半ほど早く着いた計算になります。

奥の会場に足を運べば……何とも大胆な横断幕が(;^ω^)
スタッフの方から「早かですねぇw」と、褒められてるんだか呆れられてるんだか良くわからないお言葉を頂きつつ、いったん会場を後にします。

会場からさらに奥を目指して300mほど坂を下りますと、せんだん轟の滝の入り口が見えてきます。

ずいぶんとうらびれた売店や食堂が立ち並ぶ敷地に一人、お爺さんが立ってまして……滝の入り口まで案内してくださいました。

案内されるがままに、売店の脇の小道を下っていきますと……。

木漏れ日と沢のせせらぎの合間からお地蔵さんが姿を現しました。

お参りを済ませたのち、さらに下へ。

木々の隙間から、せんだん轟が姿を現しました。
更に道を下って滝へと近づいていきます。
余談ですけど、こういう時はビンディングペダルSPDにしといてよかったなーと、素直に思いますねw

そして、途中にこのような立て看板が……。
読み方はせんだんとどろ、が正解なんですね。

これを目にするまで、せんだんとどろと読んでおりました(;^ω^)

遊歩道を降りること10分、せんだん轟の目の前へ。
高さは70mほどはありますでしょうか、写真では伝わりにくいですが、なかなかの迫力でした。

ひとしきりマイナスイオン(笑)を取り込んでから元来た道を戻り、駐車場まで戻ると、
先ほどのお爺さんが待ち構えておりまして……。
10分ほど話をしたところで時計を見ればすでに時間も10時半。
頃合いということで会場まで戻ることにしました。

午前11時過ぎに会場に到着。
受付を済ませた後は、同年代の自転車乗りの方々と意気投合して、自転車のよもやま話で盛り上がりました。
開会と同時に、そのまま三人で食事を頂くことに。
普段は食べないであろう山菜のてんぷらに、ヤマメの塩焼き、猪肉の汁物に、大盛ご飯。
おいしくて、ついついご飯をおかわりしてしまいましたw

会自体は食事を終えればそれで終了、という実にシンプルなもので、
あとは互いに談笑しあったり、帰りの道を一緒に選んだりと……。
私自身、同世代のsinobi氏とTwitterのアカウントを交換し合う機会も頂けまして(^ω^)
かまってちゃんな一方で一匹狼な性分が災いして大体いつもぼっちライドなので、こういう機会はとてもありがたいのですw

さて帰りのルートですが、会場を一旦北上し、二本杉峠の終点から西側に存在する朝日峠(わさびとうげ)を下る形で氷川ダム方面を目指すことにしました。

こっちもなかなかの勾配のグネグネ道が続く難所で、ダウンヒルと言いつつも20km/hくらいしか速度が出せないというチキンっぷり(;^ω^)
ところによってはジャックナイフが簡単に起きそうなカーブがあったりしましたので、安全第一を考えればそのくらいの速度でちょうどいいくらいです。

クラックも多いですし落石もありますし……。
合間に2度ほど休憩をはさみ、何とか氷川ダムの目の前までやってきました。

氷川ダムをこの位置から見るのは初めてです。
丁度いい塩梅に水が吹き上がってました(^ω^)

氷川ダムを境に熊本市方面へと足を向け、途中に軒を構えるお茶屋さん高島園にて、抹茶アイスを頂きました。
実は行きつけのお店でして、御坂遊歩道日本一石段に年イチペースで家族で登りに来るのですが、その都度帰りにアイスを頂いているのです。
今回はカミさんとではなく、同じ道を利用して帰っていた参加者のご夫婦と、三人で談笑しながらのアイス休憩。
店員さんも話に加わり、自転車で五家荘に行ったという事実に素直に驚かれていました。
……まー、ふつうは驚きますわね、あんな悪路を自転車で登ったり下ったりしてきたわけですから(;^ω^)

ご夫婦とも別れ、さらに道を下って嘉島町方面へと足を向けます。
そして、その道中にある浮嶋神社に久々に立ち寄ってみました。

バイクラックに自転車を立てかけ、本堂に向かってお祈りをば。

100日祝いと思しきご家族連れもいらっしゃったので、本堂界隈の写真撮影は控えることに。

交通安全お守りを買ったのが1年2か月前、息子の2歳の誕生日でした。
ということで、今後の安全を祈願してさらにもう一個購入し、自転車に括り付けておきました(^ω^)
先日阿蘇中岳の火口の前で別のお守りを買ったばかりですが、まぁ願掛けということでw

そんなこんなで自宅に帰りつき、何とかイベントも無事終了と相成りました。
朝の5時から夕方の5時まで、12時間外に出ずっぱりだったためにへとへとになりましたが、実に楽しいひと時でもありました。
また機会があれば参加してみたいですね(^ω^)

GWの序盤の話になりますが、ちょいと時間が出来たので自転車で吉無田高原まで行ってきました。

お昼時の出発ということで、運動公園近くのうどん屋、讃岐屋 崚 にて昼食をば。

鶏そぼろ丼セットを注文したところ、想像以上のボリュームの定食が姿を現しました(;^ω^)
結構この日は暑かったので、燃料補給という観点から見ればいいチョイスでした。
普段九州のうどんばかりで、いわゆるコシのある讃岐うどんはあまり食べないんですが、
コシのあるうどんもおいしいですね(^ω^)
鶏そぼろ丼も揚げ物と相まって食べ応えがありましたw

重くなった腹を抱えながら自転車で熊本空港を目指し、普段は足を運ばない裏道を抜ける形としました。

御覧の通り、柵の向こうは空港です。

空港の入り口の丁度真裏に位置しますので、空港と阿蘇の山々をまとめて写真に収めることが出来るという点で、なかなかの絶景ポイントだったりします(^ω^)
何より見通しの良い直線道路なので、スプリントをするにはもってこいだったり……するんですが、
この日は飛行機を見物する家族連れが多数路駐しておりましたので、その脇をのんびりと走ることにしました。

空港を超えて、西原村に入り、西原郵便局がある交差点を右折し、吉無田高原に向けてのヒルクライムが始まります。
普段金峰山で慣れている身の上なので、わりかし楽な上り坂のはずなんですが……日照りにやられて御覧のあり様です(;^ω^)
坂の途中で、別のローディ達が追い抜いて行くのをしり目に、路肩でまったり休憩をはさみましたw

坂を登り終えると、昨年11月に挑戦した地蔵峠へとつながるグリーンロード(ケニーロード)との交差点に差し掛かりました。
この先で、野犬に追いかけられたんです。もう二度とごめんですわ(;´Д`)

この交差点を直進しますと一旦下り坂となり、再びゆるいヒルクライムが始まります。
体もいささか慣れてきたものと見え、わりとすんなり目的地へと向かうことが出来ました。

その途中に、七福神という、少し気になる看板が……。

前から気になってたんですが、どうやら公園になっているようです。

いや、なぜ七福神……?(;^ω^)

東屋付きの休憩所が設けられてたので、ベンチで横になって休憩をすることにしました。
この公園はやすらぎの丘という名前が付けられており、どうやらお庭を私設の公園として開放されているモノのようです。
ここいらは日陰が非常に少ないので、サイクリング途中の休憩所としては素直にありがたい位置にあります(^ω^)

そして目と鼻の先にあるのが吉無田高原
草スキーやキャンプ、MTBのコースなどが楽しめるアウトドア施設となっております。

昨年の夏に家族で遊びに来たこともありまして、その時に草スキー場の頂上で撮った写真がこちらになります。
御船町のシンボルである恐竜がここにも(^ω^)

そして頂上から南を見下ろせば、九州山地の山々が一望できます。

この日はあくまで自転車でポタリングをするのが趣旨だったので、入場料を払うことなくこの場で折返すことにしました。

帰りは、グリーンロードから左折し、阿蘇ミルク牧場方面へ。
一人でお金を払って入場するのもアレでしたので、写真だけ撮って帰りました(;^ω^)

そしてその帰り道……益城方面につながる道を抜けて帰ろうと思ったら、まさかの通行止めでした。
熊本地震の影響がまだ残っているんですね。

仮設住宅もまだ残っているというのが実情です。
復興が完了するまでにはまだまだ時間を要する……最後の最後に重たい現実を突き付けられました(´・ω・`)

またもや金峰山になります、2回のサイクリングにつき1回の頻度で登っている気がしますが……(;^ω^)

峠の茶屋

この日は雨降り後の朝方ということで、霧で少し視界が煙ってました。
それに加え、季節の移り変わりの時期ということで体調も決して万全とは言えず、また寝起きというコンディションも相まって、峠の茶屋までの足取りは普段よりも重いものでした。
それでも何とか登り切り、山頂に向かって足を向けます。

金峰山山頂

山頂手前の駐車場も御覧の通り……真っ白です(;^ω^)

しかしながら、こんな天候でも早朝登山に勤しむ御老体の方々も多くいらっしゃいまして……。
犬の散歩をされていた方から話しかけられましたが、

「この山では大体、『大将陣』あたりで自転車乗りは足をつくが、あんたはどうだい?」

という独特の着眼点で自転車を語られてまして……なかなかに楽しませていただきました(;^ω^)
いや確かに大将陣が一番の難所なんですけどね。今となっては一息で登り切れるので、「足は付きませんよ」と返しておきましたがw
地元の常連さんなんですね、頻繁に登られてらっしゃるということを考えると、頭の下がる思いです。

山頂から見えるはずの普賢岳も一切合切霧の下に……。
ここ最近はなかなか拝めませんねぇ。
そういえば、ブルベで普賢岳の麓まで走ってからちょうど1年になります。
また参加したいなーとふんわりとした感慨にふけりながら、体を休めることにしました。

ナルシストの丘~Mandarin Cafe(マンダリンカフェ)

休憩をはさんで一旦山頂を下り、北西の方角、玉名市天水町のミカン畑の中を走ると、お馴染みのナルシストの丘が見えてまいります。

そこから更に玉名方面へ数十メートルほど進み、東側を見上げると、Mandarin Cafe(マンダリンカフェ)という喫茶店が姿を現します。
土日限定で営業されてまして、朝の8時半からなんとモーニングセットが食べられるという、地元自転車乗り御用達のお店の一つです。

早速軒下のサイクリングラックに自転車をひっかけまして店内へ。
開店と同時に、開いてもいないお店の玄関をどう開けようかとドギマギしながら結局呼び鈴を押すという体たらく。
「これでよかったのか?」と独り言ちながら店に入る様は、まるで孤独のグルメ井之頭五郎を彷彿させます(;^ω^)

そして頼んだパンケーキセットがこちら。
店内で流れるサンタナをBGMに、たっぷりとかけられたハチミツの甘さを堪能しながら、ゆっくりと味わいました。
ふわふわでおいしいし、疲れた体にぴったりの一品でしたね。
なにより店主の方も気さくで、サンタナの話題で一緒に盛り上がったりと、素直に楽しい時間を過ごすこともできました。
こっち方面を自転車で走られる方には、是非とも一度はご堪能いただきたいお店ですね(^ω^)

吉次峠

Mandarin Cafe(マンダリンカフェ)を後にし、実山方面から右に折れる形で、吉次峠方面を目指しました。
このブログでも過去に微妙にご紹介していますが、ループ橋の先にそびえる小高い山が実山になります。
実山ループ橋をこの角度から見るというのも何気に新鮮でした(^ω^)
ループ橋を渡った先の小道から吉次峠方面に抜けることが多かったため、県道を素直に走ったのは今回が実は初めてです。

道中、西南戦争の史跡である篠原国幹戦傷の地という碑が見えてきます。
何度か通った道ですが、最初に見つけた時は何気に衝撃でした。
地元に住んでいながら、意外に知らないんですよね。
田原坂熊本城ばかりがフォーカスされて、吉次峠界隈はどうしても地味になりがちなので……。
いかんせん、主要幹線道路から遠く位置してますから致し方がないと言えばそれまでですが(;^ω^)

そして吉次峠へ到着。
田原坂と並ぶ激戦の地であり、当時の砦の石垣がそのまま残されています。

半高山に添って石垣が……。

道を挟んだ反対側も、三ノ岳に添って石垣が伸びています。
ここで、官軍と薩摩軍が修羅場と称されるほどの激戦を繰り広げたわけなんですねェ……。
今では絵に描いたようなのどかな峠道の一つになってしまっていますが、歴史と照らし合わせては何とも不思議な気分になります。

そんなこんなでぼーっとしていたら、目の前をイノシシが一匹、三ノ岳方面から道を横切り、半高山に向かって消えていきました(;^ω^)

野犬に遭遇した時を思い出して一瞬びくっとしましたがなw

田原坂

吉次峠を下り、植木町方面に向かえば、全国的にも有名な田原坂が存在します。

日本国内における最後にして史上最大の内戦の地である田原坂……。
足を運んだのは何年ぶりでしょうか。

閑古鳥が鳴いてる観光地の一つという認識でしたけど、大河ドラマ西郷どんの影響か、この日は結構お客さんがいらっしゃってました。
しゃべり口調も地元民ではなく、関西だったり関東だったり……。
何はともあれ、観光で来ていただけるのはありがたい限りです。

当時の銃撃戦の傷跡が残る土蔵も残されています。

春ということで、敷地に植わるツツジも満開に近い咲き誇り様でした。

寂心さんの大楠

田原坂を後にし、最後に足を向けたのは寂心さんの大楠
熊本市北部の一種のシンボルともいえる大木です。

かつての戦国武将、鹿子木寂心が木の下で眠っています。
西南戦争よりも当然古く、細川家、加藤清正の時代よりもさらに昔、熊本が隈本だった頃の人になります。
樹齢800年を数えるその古さもさることながら、寂心さんのお墓を巻き込む形で張り巡らされた根っこの力強さは、なかなかに圧巻です。

子供の時、「トトロの居そうな樹があるぞ」と、父親に言われて一緒に遊びに来たことがある思い出の場所でもあります。
ロードバイクに乗るようになってから、一人で足を運ぶ頻度が自然と増えましたが、今度は息子と一緒に遊びにこよう、とふと思いました(^ω^)







そんなこんなで昼頃に帰宅。
道中、先日も立ち寄ったメリチェルで、再びお土産のパンを買って帰りました。
創業祭で貰ったクーポン券が有効活用出来たので、わりと安く買って帰ることが出来ました(^_-)-☆
サドルバッグがパンでパンパンになりましたw