.

平日に優雅に有休をとって、氷川ダムまでポタッてきました(^ω^)
昨日の記事でご紹介したBiCYCLE CLUBのバッグも、この日に走った結果をインプレしたものとなります。

.

熊本市から御船甲佐経由で、国道443号線を単純に登るルートを選択しました。
平日ということで、市街地は車が多く、山間部は逆に少ないという感じで、概ね走りやすかったです。

.

.

せっかく来たので、カミさんへのお土産としてダムカードをゲット(・∀・)
これで、熊本県下のダムカードが、竜門ダム緑川ダム下筌ダムに続いて氷川ダムと、順調に揃ってきていることになります。
残りは石打ダムと、市房ダム
前者は自転車で取りに行くにはちょうどいい距離ですが、後者は流石に遠すぎるので、
子供が大きくなるまでは当面無理そうです(;^ω^)
距離が距離なので、家族旅行で行くのもアリですねw







.

.

その後、そのまま宇城市方面まで足を向けて、地元で有名なパン屋さんMilkyにお邪魔しました。
大きな石焼き窯が目印のお店です(・∀・)

.

ライド中、合間に携帯食を食んではいましたがとても足りていませんでしたので、
このお店でカロリーを追加することにしました。
イートインスペースもありますし、何よりコンソメスープが無料でサービスされているのがうれしいですね(・∀・)
疲れた足を休めながら頂きました。とても美味しかったですw

この他に、塩パン、塩メロンパン、クリームパンなどをお土産に買いましたが
どれも美味しく、特にメロンパンのカリカリ具合は絶品の域でした!
機会があればまた買おうと思います(・∀・)

それから帰宅の途につきましたが、道中職場から電話が入り、
急遽休みを返上することになってしまいました(;^ω^)
CAT EYE STRADA SMART の着信通知機能が早速役に立った格好となります。

距離に対してトリップ時間が長いのはそういった理由からですw
結局夜の9時頃まで仕事して帰宅することになりましたとさ'`,、('∀`) '`,、

まぁ、大急ぎで職場まで走ったおかげで、アベレージが急上昇するという好現象が発生したので
結果オーライということにしておきましょうw

BiCYCLE CLUB 2017年3月号を、付録のハンドルバッグ目当てでAmazonにて買ってしまいました(;^ω^)

.

ついでに、折れてしまった携帯ペダルレンチも一緒に購入。

.

箱を開けてみるとこのような感じの袋が入っていました。
両端に付いているベルトのおかげで、コンパクトに丸められる点が好印象ですね(・∀・)

.

試しに輪行袋ウィンドブレーカーを詰め込んでみましたが、
これがまた丁度いいサイズだったりしますw




ところが……。

いざハンドルにくくりつけてみると、固定ベルトが弱すぎて
少しの振動でバッグが上下にブルブルと揺れてしまいます(;^ω^)
しまいには付け根の部分がほつれだすという始末 or2

.

仕方がないので、ストラップを足すなどして写真のような感じで固定することになってしまいました。
これはこれで十分使えるのですが、上ハンドルが握りにくくなって如何ともし難い状況です(;^ω^)

.

とはいえせっかく買いましたし、収納力自体には不満はないので、
工夫しながらしばらく使っていこうと思います。

GIANT OCR1ボトルケージを増設しました(・∀・)




工具入れとしてTOPEAKツールケースを活用しているのですが
微妙にサイズが足らず、チューブだけがその中に収まっておりません(;^ω^)
サドルバッグに入れれるのが常でしたが、通勤用と休日用とで乗り換えるたびに
都度都度出し入れしていたのが面倒で仕方がありませんでした。




ということで、ELITEボトルケージ増設キットと大容量のツールケースを追加で購入いたしました。

ツールケースを2本持ちにすることで、2台の自転車間で簡単に道具の移設が可能な状態を実現するのが目的です。

通勤用はボトルケージにドリンクを入れる機会がそもそもないので、増設の予定はありません。




.

早速ダウンチューブ下に増設し、TOPEAKモジュラーケージと合わせる形でツールケースを収納してみましたが
タイヤやクランクに干渉すること無くキレイに収まりました(・∀・)




.

インスコ自体も非常に簡単でした。シフトワイヤとの干渉が発生しないように、いい感じでオフセットが設けられています。




.

そして余っていたMINOURAボトルケージを復活させ、3本持ちが可能な状態を構築しました。
FDを外しているので、スペーサーを挟まずにシートチューブに直付け。
こちらに、新たに購入したELITEツールケースを収納、ダウンチューブ上をドリンクホルダとして扱う体にします(・∀・)




.

全容としてはこんな感じ。

なお、各ケースの内容物は現状このようになっています(・∀・)

  • ELITEツールケース
    • チューブ1本
    • パンク修理キット
    • タイヤレバー3本セット
  • TOPEAKツールケース
    • 六角レンチセット
    • ペダルレンチ
    • 薄型スパナセット
    • 両口スパナ 13-14
    • +-ドライバ
    • チェーンカッター
    • 予備チェーン(11s)2コマ分
    • 予備ディレイラーハンガー
    • エアーポンプアダプタ(米式→仏式)

まだ若干の余裕があるので、タイヤの切れ端ウェス、そしてガムテープの切れ端くらいは
一緒に収納しておこうと考えております。チューブもあと1本あるとなお安心ですね(・∀・)
あ、コネクティングピン切らしてるのでこれも補充せねばなりませんw

ほいでサドルバックに貴重品を納めれば、事実上手ぶらで自転車に乗れるという算段が整うわけですね~。
これとは別に、輪行バッグ防寒具を収める為のフロントバッグを準備すれば鬼に金棒でしょう。

それはまた別の機会に(・∀・)





ウィジェット

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

Powered by Movable Type 4.01