さりげな~く、サドルを交換しました(;^ω^)

先日矢部に行った際、坂道を登りきったところで陰部にしびれが生じまして……。
山を登ると毎回と言っていいほど高確率で出ていた症状なのですが、
自転車の部品の中でもサドルは一般的に沼に落ちやすいと言われてますので、しびれがあれど、これまでは交換自体を渋ってきました……。
しかしながら、いち男性たるもの、このまま無視できるものではありません。

放置してEDにでもなったらたまりませんから!(;^ω^)

色々と物色してはみたものの、いきなり高いのを買って大失敗してしまうのもアレなので、本ブログではおなじみのメーカーTNIストリームという商品を今回はポチってみることにしました。

お値段3500円前後、重量も270g程度と、なかなかにコスパがよろしい商品です(・∀・)

.

これまでは完成車として付いていたSELLE ROYALVIPERを使ってきていまして、10年ものということもあり、結構汚れも目立ってました。
結構肉厚のサドルですが、320g程度と、コンフォートモデルにしてはまぁまぁ軽いときています。
平地では特に不満のないサドルでしたが、登坂勾配がキツくなると自然とサドルの中央部に体重が乗ってしまうようで……。
乗り方ポジショニングにも問題があるんでしょうけどね(;^ω^)

.

という事で交換後がこちら。
色合いも違和感なくマッチしてますし、50gの軽量化も出来ました。これだけでも結構満足(・∀・)
多少薄くなったようですが、サドルそのものの形状はかなり似ています。

とはいえ細かいところでは違うところもあります。
TNIストリームのほうが少し固めに感じられますし、縦方向にも長めに作られているようです。

.

早速、毎度おなじみの金峰山の山頂目指してシェイクダウン
峠の茶屋までゴリゴリ漕いだ後でも、しびれが出るようなことはありませんでした。

.

さるすべり入り口ときて……。

.

山頂前。

しびれは一切なし!(・∀・)

.

今回始めて、三等三角点を写真に収めてみました。
神社の裏手にひっそりと存在してますので、実に気づきにくい……(;^ω^)

.

西側に目を向けてみれば、この日は雲仙普賢岳は見えず、代わりに雲海を拝むことが出来ました(・∀・)

そしてそのまま帰宅の途へ。
陰部のしびれはなくなりましたが、今度は下りで手のほうがしびれるという事案が発生……。
どうもサドルの位置がこれまでのところからズレた事で、今度は手の方に来るようになったようで(;^ω^)
こちらの調整も今後の課題になりそうです。

.

余談ですが、帰り際に藤崎宮秋季例大祭随兵行列を見ることが出来ました。
毎年9月に開催されるのが常ですが、今年は台風の影響で延期されてこの日に開催となっております。
……もう10月で彼岸も過ぎているのに、まだまだ暑くて10月開催でも違和感がありませんな(;^ω^)
もうちょっと日中涼しくなって欲しいものです。

ワールドサイクルさんが販売している

R250 おにぎりリフレクター

を買ってみました(・∀・)





私が普段使いしている尾灯は、TOPEAKREDLIGHT2なんですが……。
明るいっちゃ明るいんですけども、意外と光が直進してしまって拡散しないため、
使い方次第ではありますが光が弱く感じられる事があるようです。

そこで、ライトにおにぎりリフレクターを被せてみてどのように見えるのかを試してみることにしました。

.

実際にぶら下げてみると……結構な迫力です(;^ω^)
これだけでも十分目立ちますなw

.

夜分ライトを付けてみると、ライトの構造上おにぎり全体を照らすのは叶いませんでしたが、
光がおにぎりを介して乱反射してくれるため、より目立つようになりました(・∀・)

おにぎり自体が大きいので、後方からだとかなり目立つと思います。
結構オススメの商品ですw

付録

.

6年もののベルが遂に破損してしまったので、CATEYEのベルに交換しました。
ブルホーン+STIということで、先人の知恵を参考に左レバーに装着してみました(・∀・)
鳴らす機会もそうそうないですけど、手を離さずにならせるのは結構ありがたいですw

.

追加小ネタで、モゲたジッパーをチェーンで補修してみました。
これもなかなか(・∀・)

矢部のケンチキを買いに行きました in 2017(・∀・)

基本昨年のコースとほぼ同じルートを通りましたが、
前回失敗した軍見坂を今回攻略できたというのが一番の成果でした。

前回よりも軽いギア比で登坂できるように改良出来ているというのも成功の一因でしょうが、
この1年で単純に登坂力が付いたというのも理由になっていると思っています。
しんどいのはしんどかったですが、思いの外すんなりと登りきることに成功しました。

前回と今回でルート的に唯一違うところがあるとすれば、前回土砂崩れを起こしていた箇所を迂回したという点でしょうか。

結果、正当な車道を素直に走ったことになりますが、結果として一旦下って更に登り直すという苦行が発生してしまいましてw
コレが後々尾を引くことになります(;^ω^)

.

走り出してからおおよそ2時間半で、目的地の丸重ミートに到着。
お店の人と談笑しつつ矢部のケンチキ(モモ)を4本購入しました。

前の記事でも書きましたが、このライドに合わせて購入しておいたROSWHEELサドルバッグに保冷剤と保冷バッグを入れてきてたので、購入した矢部のケンチキを放り込んで再収納。
実に使い勝手が良いですね(・∀・)

.

続いて、丸重ミートの目と鼻の先にあるパン屋さんチポリーノで軽めの昼食。
ご亭主も自転車が大の趣味で、店内には、GRAPHITE DESIGNCARRERAMERIDAのロードバイクが、
ご自身のガチ乗り姿の写真と並んで所狭しと展示されていました。

もうその機材を眺めているだけで眼福の極みという、自転車乗りにとっては天国みたいなパン屋でしたw

店内には新城幸也選手のサインを始め、NIPPOヴィーニファンティーニの写真などが飾られておりまして……
正直、お店の名前程度しか知らなかった自分のモグリっぷりに気付かされた次第です(;^ω^)

.

パンそのものも非常に美味しくてですね、その美味しさにうっかり写真を撮るのを失念してしまった結果
食べかけの写真を晒さざるをえないというこの体たらく、なんかすいません(;^ω^)

.

今回は南阿蘇を抜けて大津方面を利用して帰宅するというのを大目標にしていましたので、
更に先の道を進んでいくことにしました。
その過程で通潤用水小笹円形分水を見つけましたので記念撮影することに。

通潤橋は過去何度か取り上げてきましたが、円形分水に来たのは実は初めてです。

.

とにかくでっかいですね、大量の水がこんこんと吹き出しておりました。

.

その脇に生えている樹木を見上げれば、葉っぱが赤く色めいてきておりました。
ようやく秋が来たんだなーと改めて感じた瞬間でした(・∀・)

一組の老夫婦がその紅葉を写真に収めてらっしゃいまして、
旦那さんのほうから「どこに行くとね?」と声をかけられてしまいました。
昨年も同じような経験をしましたが、とにかく私はご老体から気軽に話しけられてまうナリをしているようです(;^ω^)
ガチガチのローディファッションだったんですけどねw






その後、山深い道を1人で黙々と登っていきましたが、軍見坂とその前後の坂で脚をほぼほぼ使い切ってしまってまして
残りの標高500mを攻略するのは困難と判断。
井無田高原にたどり着いたところで「これでは予定の時間には帰り付けない」と最終判断を下し
折り返して帰るという流れに方向転換。

平日に有休を取って行きましたので、子どもの保育園のお迎えの時間までには帰りつかなければならないんです(;^ω^)
1人道楽で自転車乗ってるワケですから、それくらいの家族サービスは率先してやらないと罰が当たりますからねw

しかし、来た道を逆に走って帰るというのもなかなか過酷なもので、道中そこそこ坂を登りながらの帰宅となってしまいました。






.

そして、家に帰ってからのご飯は、去年と同じく矢部のケンチキ!(・∀・)
例によってスパイシーで、大変美味しくいただきました!

.





ウィジェット

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

Powered by Movable Type 4.01