通勤車のリアディレイラーをまた交換してみました。

今度は、SHIMANO Ultegra RD-6500-SSとなります。

先日外したSHIMANO Ultegra RD-6500-GSを改めて磨いてたらですね……。

なんとジョイント部分にクラックが……(;´Д`)

これは継続して運用するのは恐ろしいので、急遽、変わりのリアディレイラーを探すこととなりました。

ということで、とりあえず型番は一つ新しいですが、メルカリで発見したRD-6600をさっさと購入。

多少の傷汚れはありますが、運用には十分耐えられそうでした。

さて、変速具合ですが……。

なんと、バッチリ決まります。

カンパの10速エルゴパワーでシマノの10速リアディレイラーを引いて9速運用……。

シマニョーロ、この世代であればもはや何でもありですね(;^ω^)

いや、シマニョーロというより、これらの経験則とネット上の資料から得られた情報を統括すると、
Dura-Ace7700系からDura-Ace7900系に連なるSHIMANOのコンポーネント群は、STIとリアディレイラーの組み合わせに関しては軒並み、8速~10速間で互換性がある、という証左が得られたと見て良さそうです。

まとめると、次のような表が出来上がりました。



グレード 型番 段数 レバー世代 信憑性
Dura-Ace 7700 9 2
7800 10 3
7900 10 4
Ultegra 6500 9 2
6600 9 2
6700 10 3
105 5500 9 2
5600 10 3
5700 10 4
Tiagra 4400 9 2
4500 9 3
4600 10 3
SORA 3300 8 2
3400 9 3
3500 9 4
R3000 9 4
CLARIS 2200 8 2
2300 8 3
2400 8 3
R2000 8 5


Dura-Ace 7400系をSTI第1世代として考えると、現状のSORAのSTI、すなわち9速までの第5世代との間であれば、
キャパシティの問題はさておき、以下の世代間であれば大体のRDとシフターは引き代の関係上、だいたい変速が正常に働くものと予想されます。
試したことがあるもののみ、そこから公式の互換性表をベースに可能性があるものを、少し怪しいものにをつけてます。

例によって勝手に調査した内容であり、SHIMANOが公称している互換性から大きくハズレています。
間違いもあるかもしれませんのでご了承ください(;^ω^)

いつもの通り、単なる自己満足な表に過ぎませんのでw

コメントする